志村 立美(しむら たつみ)
明治40(1907)群馬~昭和55(1980)東京 日本画家。本名は仙太郎。大正13年山川秀峰に入門、美人画を修める。『婦人会』などの表紙絵、挿絵画家から出発し、「丹下左膳」の挿絵などで岩田専太郎と肩を並べる挿絵画家となり、晩年は美人画に転向、独自の美人画を完成させた。出版美術家連盟会長。日本作家クラブ賞受賞。
志村 立美
「お梅」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
志村 立美作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「志村立美」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

志村立美の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求