柴田 是真(しばた ぜしん)
文化4(1807)江戸~明治24(1891) 漆芸家、画家。幼名亀太郎、のち順蔵。別号対柳居。古満寛哉に入門し蒔絵を学ぶ。その後鈴木南嶺、岡本豊彦に学び、南嶺より是真の号を受ける。軽妙洒脱な絵画と、伝統に根ざしながらも写実的な工芸品は海外でも評価が高い。帝室技芸員。
柴田 是真
「面相描図」
柴田 是真
「鯉のぼり図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
柴田 是真作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「柴田 是真」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求