仙厓 義梵(せんがい ぎぼん)
寛延3(1750)~天保8(1837) 禅僧、絵師。禅味溢れる絵画で知られる。月船禅彗に師事。博多の聖福寺の住持を20年務め、洒脱で飄逸な絵画(禅画)を多く遺す。仙厓はその奔放な生き方をもって知られており、狂歌も多く詠んだ。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
仙厓 義梵作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「仙厓 義梵」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求