里見 勝蔵(さとみ かつぞう)
明治28(1895)京都~昭和56(1981)鎌倉 洋画家。関西美術院で鹿子木孟郎に師事。東京美術学校(現:東京芸術大学)卒業後フランスに留学、ヴラマンクにフォーヴィスムを学ぶ。二科展、院展で活躍する一方、前田寛治、佐伯祐三らと昭和5年協会を設立。その後二科会を脱退し独立美術協会を興す。奔放な筆致、明暗の強い対比を見せる表現で“日本的フォーヴ”の運動を主導した。国画会会員。
里見 勝蔵
「人物」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
里見 勝蔵作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「里見 勝蔵」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求