山東 京伝(さんとう きょうでん )
宝暦11(1761)江戸~文化13(1816) 戯作者、浮世絵師。本名は岩瀬醒、号に醒斎、画号に北尾政演など。北尾重政について画を学び画工として絵本などを制作する。その後黄表紙、洒落本、読本を執筆し江戸の作家の中心的存在として活躍した。晩年は随筆も手がけた。代表作に『江戸生艶気樺焼』『骨董集』など。
山東 京伝
「大津絵 藤娘と鬼三味線」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
山東 京伝作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「山東 京伝」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求