酒井 抱一(さかい ほういつ)
さかい・ほういつ 宝暦11(1761)江戸~文政11(1828) 絵師、俳人。姫路城主酒井忠迎の次男。本名忠因。別号に屠牛、狗禅など。若い時より能や茶、俳諧を嗜み、絵は狩野派、南蘋派、円山派などを広く研究。のち尾形光琳に私淑し、俳味溢れる洒脱な画風の江戸琳派を拓いた。
酒井 抱一
「団扇図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
酒井 抱一作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「酒井 抱一」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求