斎藤 三郎(さいとう さぶろう)
大正6(1917)埼玉~平成8(1996)埼玉 洋画家。東京物理学校(現:東京理科大学)に通いながら、絵画を本郷絵画研究所に学ぶが、中退して出征。戦地にて画家になることを決意する。渡欧後はスペインの踊り子や風景などを情熱的で鮮やかな色彩で描いた。昭和21年、《向日葵》で二科展初入選し、以降同展で受賞を重ねる。昭和47年、《セビージャの祭》で内閣総理大臣賞受賞。勲四等瑞宝章受章。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
斎藤 三郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「斎藤 三郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求