佐分 真(さぶり まこと)
明治31(1898)愛知~昭和11(1936)東京 川端画学校夜間部に学び、東京美術学校(現:東京芸術大学)西洋画科にて藤島武二に師事する。昭和2年、31年の渡仏時にレンブラントに私淑し、ヨーロッパ絵画の研究により、重厚な写実的画風を確立する。帰国後に発表した《貧しきキャフェーの一隅》他、帝展の特選を重ねる。また、東京宝塚劇場美術部長として劇場広間の壁画を制作した。
佐分 真
「夏木立」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
佐分 真作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「佐分真」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求