冷泉 為恭(れいぜい ためちか)
文政6(1823)京都~元治元(1864) 丹波 絵師。冷泉は自称。姓は狩野、のち岡田となる。京狩野の狩野永泰の元に生まれる。田中訥言に私淑し、熱心な古画模写や有職故実の学習を経て復古大和絵を志す。特に濃彩画を得意とし、寺社の障壁画を手がけたほか、仏画にも長じる。
冷泉 為恭作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「冷泉為恭」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.66
2021「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求