大須賀 乙字(おおすが おつじ)
明治14(1881)福島~大正9(1920)東京 俳人。本名績。東京大学国文学科卒業。 東京音楽学校教授。河東碧梧桐に師事し、喜谷六花・小沢碧童と並んで「碧梧桐門の三羽烏」と称された。明治41年(1908)「アカネ」誌上に俳論を発表し、新傾向俳句運動を展開した。後年は、俳誌『石楠』などで俳論家として活躍した。句集に『乙字句集』、『乙字俳論集』 。
大須賀 乙字作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「大須賀乙字」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求