大窪詩仏(おおくぼしぶつ)
明和4(1767)常陸~天保8(1837) 漢詩人。名は行、字は天民。山本北山に経学を、市河寛斎に詩文を学んだ。神田お玉が池に詩聖堂を開き、文化・文政期の江戸漢詩壇の重鎮となり、各地を遊歴して門流を拡大した。墨竹画や草書にも優れた。
大窪詩仏作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「大窪詩仏」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

大窪詩仏の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求