岡本 神草(おかもと しんそう )
明治27(1894)兵庫〜昭和8(1933)京都 日本画家。本名は敏郎。はじめ静村と号す。京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校(いずれも現:京都市立芸術大学)で学ぶ。大正4年、甲斐庄楠音らとともに密栗会を結成。《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓》など舞妓を描いた作品で知られる。大正10年に菊池契月に入門するが、将来を期待されながら38歳で早逝した。
岡本 神草作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岡本 神草」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求