岡倉 天心(おかくら てんしん)
文久2(1863)横浜~大正2(1913)新潟 美術行政家、思想家、文人。本名、岡倉覚三。東京大学卒業後。文部省において美術教育制度の確立に努め、フェロノサと共に古社寺調査を進めて古美術保護に尽力した。大正12年には、自身が開校準備を行った東京美術学校の校長に就任。昭和6年、横山大観や橋本雅邦らと共に日本美術院を設立し、新しい日本画の創造を目指した。晩年はボストン美術館東洋部部長に就き、日本・東洋美術を欧米に紹介した。著書に『東洋の理想』、『茶の本』など。
岡倉 天心作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岡倉天心」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.67
2021「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求