大橋 桜坡子(おおはし おうはし)
明治28(1895)滋賀~昭和46(1971) 俳人。本名大橋英次。大正2年(1913)頃から俳句を始め、大正11年(1922)「山茶花」創刊同人、昭和7年(1932)『ホトトギス』同人となり、『雨月』を創刊主宰した。句集に『引鶴』『龍の玉』、随筆に『双千鳥』などがある。
大橋 桜坡子
「蜻蛉の」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
大橋 桜坡子作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「大橋桜坡子」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求