貫名 菘翁(ぬきな すうおう)
ぬきな・すうおう 安永7 (1778) 阿波 ~ 文久3 (1863) 儒学者・書家・文人画家。姓は吉井。名は苞、字は君茂。号に海屋、菘翁、須静堂、三緘堂。書家として中国法帖の臨書や空海、小野道風の作品に伝わる晋朝、唐朝の書法を究める。幕末の三筆に数えられ「近世第一の能書家」と称される。画を狩野派の矢野典博に習い、のち文人画に傾倒し、還暦近くには南宗画も学んだ。
貫名 菘翁作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「貫名 菘翁」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求