野口 小蘋(のぐち しょうひん )
弘化4(1847)大坂~大正6(1917) 南画家。名は親。日根対山に文人画を学んだのち、上京して画業を大成。伝統を重んじた雅致ある画風で、内国絵画共進会、内国勧業博覧会、日本美術協会展などで受賞を重ねる。華族女学校(現:学習院女子中・高等科)嘱託教授や宮家の画学教師を務め、明治37年には女性初の帝室技芸員となる。文展審査員や日本美術協会顧問のほか、大正4年の天皇御即位式御大典における奉祝画屏風の制作など御用掛としての業績も特筆される。
野口 小蘋作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「野口 小蘋」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求