中村 直人(なかむら なおんど)
明治38(1905)長野~昭和56(1981)東京 洋画家、彫刻家。幼少期に、山本鼎の農民美術研究所で美術に親しむ。大正9年、山本の紹介を受けて、吉田白嶺に入門。院展を中心に木彫作品を発表する。一方、1952年から滞在したパリでは油画を学び、絵画作品でも高い評価を受けた。
中村 直人
「浴後」
中村 直人
「千利休像」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
中村 直人作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「中村 直人」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求