中川 幸夫(なかがわ ゆきお)
大正7(1918)香川~平成24(2012)香川 生け花作家。昭和17年池坊に入門し、池坊教授総督・後藤春庭に立華を学ぶ。戦後、重森三玲が主宰する白東社に参加、池坊を脱退。以後、流派に属さない個人の生け花作家として花による前衛表現を追求。土門拳に写真を学び、ガラスや書・舞踏等を作品に取り入れるなど、多様な分野の横断を実践した。織部賞グランプリ、日本現代藝術振興賞、東川賞受賞。
中川 幸夫
「雪」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
中川 幸夫作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「中川幸夫」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求