中林 梧竹(なかばやし ごちく)
なかばやし・ごちく 文政10(1827)肥前~大正2(1913) 書家。18歳の時、小城鍋島藩公に認められて江戸遊学。市河米庵などに書を学んだのち、清に渡る。潘存の元で古碑・拓本の蒐集と研究に没頭し、帰国後は六朝書体を元にした書風で明治書壇に新たな風を吹き込んだ。日下部鳴鶴、巌谷一六と並び、明治三筆の一人に数えられる。
中林 梧竹作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「中林 梧竹」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求