中林 竹洞(なかばやし ちくとう)
なかばやし・ちくとう 安永5(1776)尾張~嘉永6(1853) 文人画家。 名は成昌、字は伯明、別号沖澹痴翁・東山隠士。医師中林玄棟の子。山田宮常・神谷天遊に南画を学び、のち上洛して大成した。山水花卉を能くし、特に梅竹に優れた。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
中林 竹洞作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「中林 竹洞」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求