永井 荷風(ながい かふう)
明治12(1879)東京~昭和34(1959) 小説家。本名壮吉、号は金阜山人、断腸亭主人。広津柳浪に師事。留学後、『あめりか物語』を発表する。のちに慶応大学教授となり、『三田文学』を主宰した。代表作に『つゆのあとさき』『断腸亭日乗』などがある。日本芸術院会員、文化勲章受章。
永井 荷風
「これからは(短冊)」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
永井 荷風作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「永井荷風」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求