村瀬 栲亭(むらせ こうてい )
延享3(1746)京都~文政元(1819) 儒学者。名は之煕、字は君績。武田梅龍に学ぶ。秋田藩に藩儒として召され、のちに総奉行として藩政に関わる。博識にして詩書画にすぐれ、文人たちとも交流を持つ。著作に『芸苑日渉』『栲亭稿』など。
村瀬 栲亭作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「村瀬 栲亭」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求