森田 恒友(もりた つねとも)
明治14(1881)埼玉~昭和8(1933)東京 洋画家。小山正太郎、中村不折らに師事。東京美術学校(現:東京芸術大学)西洋画選科卒業。文展初入選後、雑誌「方寸」を創刊、挿絵画家としても活躍した。また春陽会創設に参加し、南画の伝統を取り入れた風景画を数多く遺している。
森田 恒友作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「森田恒友」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求