森村 宜稲(もりむら ぎとう)
明治4(1871)愛知〜昭和13(1938)愛知 日本画家。雲峰と号し、別号に稲香村舍。木村雪渓などに大和絵を学ぶ。日本美術協会などに出品し、第6回文展に初入選、以後文展、帝展を中心に活躍した。明治神宮聖徳記念絵画館壁画《農民収穫御覧》を制作。稲香画塾で後進の指導にあたった。
森村 宜稲作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「森村 宜稲」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求