森 狙仙(もり そせん )
延享4(1747)~文政4(1821) 絵師。出生地は大坂や長崎など複数の説あり。主に大坂を中心に活動。狩野派を学んだ後、円山応挙の影響等により猿や鹿などの身近な動物を写生的かつ精密に描写する画風を確立。60歳頃「祖仙」と記していた号を「狙仙」と改めた。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
森 狙仙作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「森 狙仙」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求