毛利 梅園(もうり ばいえん)
寛永10(1798)江戸~嘉永4(1851) 旗本、博物家。名は元寿。別号に楳園、写生斎など。幕臣で御書院番を務める。動植物、菌類に関心を持ち、克明な写生図を手がけた。その作業は先進的であり、実物の採集、写生に自ら取り組み、日時、採集地等を記録した。代表作《梅園画譜》は江戸の動植物相を後世に伝える資料として評価される。
毛利 梅園作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「毛利 梅園」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求