宮本 三郎(みやもと さぶろう)
みやもと・さぶろう 明治38(1905)石川~昭和49(1974)東京 洋画家。川端画学校で学び、藤島武二に師事する。第14回二科展に《白き壺の花》で初入選。戦時は小磯良平らと共に従軍画家として活動した。昭和22年に「二紀会」を設立。雑誌・新聞連載小説の挿絵画家としても活躍した。戦後は30年代から円熟期を迎え、華やかな色彩をもつ瑞々しい女性像を多く描いた。日本芸術院会員。金沢美術工芸大学名誉教授。
宮本 三郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「宮本 三郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求