三木 富雄(みき とみお)
昭和12(1937)東京~昭和53(1978)京都 彫刻家。東京公衆衛生技術学校(現:窪田理容美容専門学校)卒業。独学で制作を学び、第10回読売アンデパンダン展から作家活動を開始。昭和37年に耳の作品を発表し、以降耳をテーマとして制作をおこなう。第5回パリ青年ビエンナーレ展ではアンドレ・シュス賞を受賞。国際的な活躍を期待されるなか、40歳の若さで急逝した。
三木 富雄
「耳」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
三木 富雄作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「三木富雄」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求