草間 彌生(くさま やよい)
昭和4(1929)長野~  彫刻家・画家。幼少期より視界に水玉が浮かぶ幻視に悩まされ、症状を克服しようと大小の斑点や網模様をモチーフとした絵を描き始める。京都市立美術工芸学校で日本画を学んだのち、20代後半でアメリカに渡り、巨大な平面作品や、鏡・電飾を用いたインスタレーション作品を発表。ドットを全面にほどこした南瓜やハイヒールなど、巨大な野外彫刻を世に送り出している。文化勲章、紺綬褒章、旭日小授章受章。
草間 彌生
「いちご2」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
草間 彌生作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「草間 彌生」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求