日下部 鳴鶴(くさかべ めいかく)
天保9(1838)彦根~大正11(1922) 書家。本名は東作。字は子暘。別号に東嶼、翠雨、野鶴。太政官大書記官を辞職した後、漢魏六朝の碑文研究を通じて中国書法の習得に専念する。清にも遊学して力強い書風で「東海の書聖」と称され、呉昌碩ら文人とも交流した。中林梧竹、巌谷一六と並び、明治三筆の一人に数えられ、日本近代書道の確立に貢献した。
日下部 鳴鶴作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「日下部鳴鶴」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.67
2021「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求