九条 武子(くじょう たけこ)
明治20(1887)京都~昭和3(1928)東京 教育者、歌人。京都西本願寺21代法主、明如(大谷光尊)の次女。東山京都女子専門学校(現:京都女子大学)を創設し、仏教主義に基づく女子教育拡充に尽力。関東大震災後は被災者の救援活動など社会事業に挺身した。絵は上村松園、歌は佐々木信綱に師事。歌集に『金鈴』『白孔雀』などがある。
九条 武子
「「おほいなる」和歌」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
九条 武子作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「九条 武子」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求