胡鉄梅(こてつばい)
道光28(1848)清・安徹省~明治32(1899)神戸 文人画家。名は璋、鉄梅は字。画家胡寅の子。日本人女性を妻とし、後に来日して名古屋、神戸に居住した。文人趣味に溢れた水墨画で花鳥画を能くし、日本で画名が高まった。特に王冶梅と並んで「梅画」の名手として知られる。
胡鉄梅
「紅梅鵲図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
胡鉄梅作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「胡鉄梅」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求