木島 桜谷(このしま おうこく)
明治10(1887)京都~昭和13(1938)京都。日本画家。19歳の時、今尾景年に入門。明治32年、全国絵画共進会出品以降、京都美術協会展、新古美術品展、文展などで数々の賞を受賞。第7回文展から審査員をつとめるなど、菊池契月と並んで文展で名を馳せた。円山四条派の筆意をよく伝える写実に叙情性を盛り込み、動物画、歴史人物画を得意とした。大正元年京都市美術工芸学校教諭、同4年京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)教授となったが、第14回帝展以後、隠棲生活を送った。
木島 桜谷作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「木島桜谷」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求