小室 翠雲(こむろ すいうん)
明治7(1874)群馬~昭和20(1945)東京 日本画家。田崎草雲に師事、上京後は独学で中国絵画を修める。田近竹邨、矢野橋村らと日本南画院を創立、南画の普及に努め、南画壇の重鎮と呼ばれた。官展審査員、帝国美術院会員、帝室技芸員。
小室 翠雲作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「小室 翠雲」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求