小松 均(こまつ ひとし)
明治35(1902)山形~平成元(1989)京都 日本画家。川端画学校卒業。土田麦僊に師事。新樹社に参加。主に最上川を題材にした作品を描く。晩年は京都市左京区に居を構え、大原の風景を題材にした作品を多数残し「大原の画仙人」と称された。文化功労者。
小松 均
「大原風景」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
小松 均作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「小松 均」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求