小堀 遠州(こぼり えんしゅう )
天正7(1579年)近江~正保4(1647年) 武将、茶人、遠州流茶道の祖、作庭家。名は政一、号は孤篷庵、宗甫。茶道の本流を受け継ぎ、徳川将軍家の茶道指南役となる。慶長13年、駿府城作事奉行を務め、その功により諸太夫従五位下遠江守に叙せられ、これより「遠州」と呼ばれる。書画、和歌にも優れ、「綺麗さび」という幽玄・有心の茶道を創り上げた。美術工芸においては「中興名物」の選定や、丹波、信楽、伊賀など国焼の茶陶の指導にも偉大な足跡を残している。
小堀 遠州作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「小堀 遠州」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求