岸田 劉生(きしだ りゅうせい)
明治24(1891)東京~昭和4(1929)山口 洋画家。漢学者、実業家として活躍した岸田吟香の四男として生まれる。黒田清輝が指導する白馬会葵橋洋画研究所へ入り、油絵を学ぶ。斎藤与里、木村荘八らとフュウザン会を結成、のち草土社を興す。風景画、静物画の他、娘・麗子の肖像画シリーズで独自の画境を開いた。大正末期から次第に初期肉筆浮世絵や宋元画に傾倒し、画風も東洋的となり、晩期には独自の鋭さのある日本画も多数制作する。
岸田 劉生作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岸田劉生」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.65
2021「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求