岸 文笑(きし ぶんしょう)
宝暦4(1754)~寛政8(1796)。浮世絵師、狂歌師。本名、岸誠之。通称、宇右衛門。狂歌名に桑楊庵、頭光、二世巴人亭など。一筆斎文調に学び、黄表紙等の挿絵を手がける。後に大田蜀山人に師事して狂歌を学び、天明狂歌四天王の随一と言われた。
蹄斎 北馬,岸 文笑
「山吹の里」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
岸 文笑作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岸 文笑」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求