木下 孝則(きのした たかのり)
明治27(1894)東京~昭和48(1973)神奈川 洋画家。京都帝国大学法科中退、東京帝国大学哲学科中退。小島善太郎、林倭衛、佐伯祐三らとの交友から油絵を描き始める。昭和3年に渡仏し、サロン・ドートンヌに出品。帰国後は一水会創立に参加、戦後は日展評議員を務める。都会の洗練された婦人像を描き、戦後は一連のバレリーナ作品で注目された。日本芸術院賞受賞、二科展樗牛賞受賞、二科賞受賞。
木下 孝則
「バレリーナ」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
木下 孝則作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「木下孝則」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

木下孝則の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求