河鍋 暁翠(かわなべ きょうすい)
慶應3(1868)江戸~昭和10(1935)東京 日本画家。浮世絵師。名はとよ、初め暁辰と号す。浮世絵師で狩野派の絵師である河鍋暁斎の長女。5歳のころから父より日本画の手ほどきを受ける。父の画風を受け継ぎながら土佐派をはじめ諸派の達人たちに学び、彩色豊かな美人画や能画を能くした。明治35年には東京女子美術学校(現・女子美術大学)初の女性教授となる。日本美術協会会員。
河鍋 暁翠作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「河鍋暁翠」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

河鍋暁翠の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求