川合 玉堂(かわい ぎょくどう)
かわい・ぎょくどう 明治6(1873)愛知~昭和32(1957)東京 日本画家。京都で望月玉泉、幸野楳嶺に、東京で橋本雅邦に師事。人と自然の姿を平明かつ詩情豊かに表現、日本人の心を描き続けた。横山大観、竹内栖鳳と共に日本画の三巨匠と目される。帝国美術院会員、文化勲章受章、文化功労者。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
川合 玉堂作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「川合 玉堂」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求