川口 軌外(かわぐち きがい)
明治25(1892)和歌山~昭和41(1966)東京 洋画家。本名孫太郎。太平洋画会研究所や日本美術院洋画部で学び、その後安井曾太郎の指導を受ける。その後妻子とともにパリへ渡り、アンドレ・ロート、フェルナン・レジェそしてマルク・シャガールに教えを受けたほか、小島善太郎、里見勝蔵、佐伯祐三、前田寛治らと親交を結ぶ。帰国後は独立美術協会の結成に参加し、幻想的で色彩豊かな作風で評価を得た。また戦後は国画会に所属し、作風は抽象へと展開した。
川口 軌外
「静物」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
川口 軌外作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「川口軌外」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

川口軌外の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求