川端 龍子(かわばた りゅうし)
かわばた・りゅうし 明治18(1885)和歌山~昭和41(1966)東京 日本画家。はじめ院展で活動するも、異端扱いされて脱退し「青龍社」を創立する。以後「会場芸術」主義を唱えて大作を次々と発表、一方で多くの画人も育てた。強烈な個性で日本画壇に大きな潮流を作り、流動感溢れる豪放な作品を多く遺した。
川端 龍子作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「川端 龍子」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求