彼末 宏(かのすえ・ひろし)
昭和2(1927)東京~平成3(1991)東京 洋画家。東京美術学校(現:東京芸術大学)で梅原龍三郎、久保守に師事する。首席で卒業後は国画会を中心に作品を発表。昭和40年代以降、幽暗然とした中に鮮やかな色彩を調和させた詩的な作風を確立する。制作の一方母校で教鞭をとり、後進の育成に尽力した。東京芸術大学名誉教授。
彼末 宏
「ぶどうと壷の静物」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
彼末 宏作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「彼末 宏」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求