狩野 元信(かのう もとのぶ)
文明8(1476)京都~永禄2(1559) 絵師。狩野派の祖・狩野正信の子。狩野派2代目。大炊助、越前守、さらに法眼に叙せられ、後世「古法眼」と通称された。父・正信の画風を継承するとともに、漢画系の水墨画法に、大和絵系の土佐派の様式を取り入れ、書院造建築の装飾にふさわしい日本的な障壁画様式を確立した点に特色がある。近世における狩野派繁栄の礎を築いた。
狩野 元信作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「狩野元信」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求