金子 國義(かねこ くによし)
昭和11(1936)埼玉~平成27(2015)東京 画家。日本大学藝術学部卒業。同学在学中、舞台美術家の長坂元弘に師事。1964年より、独学で油彩画の制作を開始し、66年に青木画廊の個展「花咲く乙女たち」にて画壇デビューを果たす。退廃的で官能的な画風が特徴。渋沢龍彦と親交が深く、『O嬢の物語』の装幀・挿絵を手掛けた。着物のデザインや写真など活動領域は多岐に渡り、六代目中村勘九郎襲名披露の口上では舞台美術を務めた。
金子 國義
「料理番の娘」
金子 國義
「Sea Queen」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
金子 國義作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「金子國義」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.66
2021「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求