加守田 章二(かもだ しょうじ)
昭和8(1933)大阪~昭和58(1983) 陶芸家。京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学。富本憲吉、近藤悠三に師事。茨城県日立市の大甕陶苑を経て、栃木県の益子に移ったのち独立し、陶芸家としてデビュー。日本陶芸協会賞並びに高村光太郎賞を受賞。昭和44年から岩手遠野市で制作を始める。藝術選奨新人賞を受賞。 昭和8(1933)大阪~昭和58(1983) 陶芸家。京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学。富本憲吉、近藤悠三に師事。茨城県日立市の大甕陶苑を経て、栃木県の益子に移ったのち独立し、陶芸家としてデビュー。日本陶芸協会賞並びに高村光太郎賞を受賞。昭和44年から岩手遠野市で制作を始める。藝術選奨新人賞を受賞。
加守田 章二
「壺」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
加守田 章二作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「加守田章二」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.65
2021「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求