神谷 大周(かみや だいしゅう)
天保12(1841)三河~大正9(1920) 僧侶。号に甘黙、東海主人。宗乗・倶舎を初めとして、江戸・伝通院の高順上人、京都・智積院の龍謙法印について諸経を学ぶ。東京深川の霊巌寺の住職となった後、浅草・幡隨院住職を兼任し、大正2年(1913)大僧正に進んだ。著書に「選択宗要義」など。
神谷 大周作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「神谷大周」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求