蠣崎 波響(かきざき はきょう)
宝暦14(1764)松前~文政9(1826)松前 絵師。松前藩家老。名は廣年。江戸で南蘋派の建部凌岱、宋紫石に師事。帰郷後アイヌの酋長を描いた《夷酋列像》を制作し、全国的な評価を得た。のちに上洛し円山応挙につき、その画風を学び以後画風が一変する。酒井抱一をはじめ画人・文人と幅広い交友をもち、生涯にわたり写生画法を追求した。
蠣崎 波響作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「蠣崎 波響」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求