貝原 益軒(かいばら えきけん)
寛永7(1630)筑前~正徳4(1714)筑前 本草学者、儒者。本名篤信、字は子誠、号は柔斎、損軒、益軒。福岡藩士貝原寛斎の五男。一時浪人の身となるも、藩に仕え本草学や朱子学を学び、木下順庵や山崎闇斎らと交友を深める。朱子学講義、朝鮮通信使接待、『黒田家譜』編纂など藩命を勤め、自然科学と儒学双方の研究を大成した。
貝原 益軒作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「貝原益軒」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

貝原益軒の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求